ゼフィール

ゼフィールの精油は、フランス薬局方、及びフランス国内と国際機関の基準に準じ、メーカーから第三者分析機関によって分析が行われ、化学種(ケモタイプ)を明らかにした分析表を得ています。これらは下記条件を満たしています。

① 植物は野生であり、また栽培の場合は、農薬およびそのほかの化学薬品を一切使用せず、抽出に使われる水は湧き水で公害などに汚染されていないもの。

② 純度100%純粋(ピュア)ということは他の植物やエッセンシャルオイルと混ざっていないこと。

③ 100%天然なエッセンシャルオイルというのは、水蒸気蒸留法または圧搾法で得たもののみで、添加物が一切入っていないこと。例外として、蒸留または圧搾不可能なものは食用に使われるソルベントで抽出される(ベンゾイン・バニラ・ソマリアのフランキンセンス)。アブソリュートなどはエッセンシャルオイルに含まれない。

④ 100%完全(揮発性成分全体を含む)は脱臭、精留、過酸化をせず、またテルペンを取り出さない。(フランスの薬局方では数少ない例外がある)

ヘッドトリートメントの精油はプラナロム社と言う精油です。

芳香植物で、科・種・属は同じでありながら、芳香分子の化学組成が大幅に異なるものを、化学組成別に分類した物を「ケモタイプ」または「化学種」といいます。

 

一方、精油に含まれる化学成分の含有量を分析して、内容成分が明示されているものを広い意味で「ケモタイプ」とも呼んでいます。プラナロム社の「ケモタイプ精油」はこの後者の意味合いで使われています。

 

※アロマトリートメントに利用する精油は100%天然であることが大切です。植物の精油成分は、その生育地の土壌や風土、気象環境条件、収穫時期などよっても大きく変わります。

その為に、精油を採油する植物の生育地、採油時期、品種を特定するための学名の表示と、内容成分を分析機器(ガスクロマトグラフィーなど)により測定して、分析表が公開されていること、成分管理がなされていることが必要不可欠となります。

各種メニューと料金のご説明

当店で使用している精油について

よくある、お客様からのご質問を

まとめました